フラワー

庭の手入れをするためにガーデニング用品を揃えよう

芝の管理方法

芝刈り

芝刈りが大切

綺麗な芝生を維持するには定期的な手入れを行う必要があり、手入れをしないと雑草が生えたり芝が伸びすぎて、見た目が悪くなります。芝生を手入れする基本となるのが芝刈りと水やり、そして除草と肥料を行うことで、この4つの作業を定期的に行うことで容易に綺麗な芝生を維持できます。芝生の芝刈りは手入れの中でも最も大切な作業で、美しい芝生を維持するには、定期的な芝刈りを継続させる必要があります。特に高麗芝は夏に良く生長する芝生なので、生長が早くなる夏場には週に一回は芝刈りを行いましょう。また、芝刈りを行うタイミングとしては芝の高さが4センチくらいになった時に、半分くらいの高さに刈り取ります。芝刈り機は手動式や電動式など色々な種類が販売されているため、用途に応じて道具を揃えると良いです。芝刈りの次に芝生の手入れで大切なのが水やりで、芝は水を好む植物なので不足させないように水を与えます。この、水やりを行う頻度としては春や秋は3日に1回程度、夏は基本的に毎日の水やりが必要です。特に夏場は水が乾燥しやすい季節なので、雨が降らない日が続くようであれば、朝晩の1日に2回の水やりを行います。芝生の根は地中の奥に広がっているため、少しの水やりでは根まで水が届きません。そのため、芝生の水やりでは根まで水が届くように、しっかりと水を撒くことがポイントです。芝生の手入れで大変なのが除草の作業で、手で雑草を抜く作業が一番、芝を傷めません。芝に使用する肥料は成分の濃度が高いと肥料焼けを起こすため、成分の濃度が薄い肥料を使います。