フラワー

庭の手入れをするためにガーデニング用品を揃えよう

環境を整えてあげよう

花

日よけと風通し

春までは元気だった植物が、夏になったら何故か葉が茶色くなったり枯れ落ちてしまうという現象が起こることがあります。人にとって過ごしにくい夏は、植物にとっても苦手な季節でもあります。高温や直射日光、高い湿度に負けないためには、植物にも夏バテ対策が必要となります。夏の植物を守るために気を付けたいポイントがいくつかあります。まずは、直射日光が当たらないようにしてあげましょう。植物に夏の強い陽射しが当たると、葉や幹などを痛めてしまうことがあります。それらを避けるために、遮光ネットやすだれなどを活用して日光に当たらないような環境を作り出してあげましょう。次に、湿度が高くならないように風通しを良くしてあげましょう。置き場所によっては風が通りにくいところもあります。そのような場所はできるだけ避けるようにします。また、株と株の間や、植木鉢との間が近すぎてしまっても風通しが悪くなる原因となります。できるだけ、すき間を作るように配置する必要があります。植物の下葉が密集している場合には、刈り取ってあげるようにしましょう。また、夏でも花を楽しみたいという人は、暑さや湿度に強い性質を持つ植物を選ぶということもおすすめです。黄色やオレンジ色の花のガザニア、鉢植えによく使用されるニチニチソウ、ピンクなどのひらひらとした花びらが可愛いペチュニア、水色の花が夏でも爽やかなアガパンサスなど、暑くて湿度の高い日本の夏でも元気に花を咲かせてくれる植物があります。